凍結路面では空転しやすい

FR車のエンジンレイアウトは、前方にエンジンが搭載され、その駆動力を長いプロペラシャフトを介して後輪に伝達する方法を取ります。重量の増加や回転エネルギーのロスなどもあるのですが、フロント部分に大きなスペースが確保できそれだけ強大なエンジンを積載できるという点では、スポーツカー向きの駆動方式と言えます。そして前輪はコントロール、後輪は駆動と前後の車輪で役割分担ができるということも大きな魅力です。フロントにエンジンを配置しても設計の工夫でミッドシップとほとんど遜色のないような前後重量配分を実現している車もたくさんあります。しかしやはり欠点もあります。その一つは凍結路面においては空転しやすいという点なのです。後輪だけが駆動を担っているだけに、微妙なアクセルワークが必要となり、少しでもアクセルを踏んでしまうとその駆動力にタイヤが耐え切れずスリップをしてしまうのです。FF車のように駆動輪の上にエンジンがあるわけではありませんから、たやすくスリップしてしまいます。一旦スリップしはじめるとそれを制御することは非常に高度なテクニックを必要とします。したがって、FR車などで凍結した路面を走る場合には細心の注意が必要です。

コメントは受け付けていません。