スポーティな走りを楽しめる

前輪の直後に可能な限り強大なエンジンを搭載に、キャビンを貫くように通る長いプロペラシャフトを回転させ後輪を駆動するFRレイアウトはスポーツカーの花形ともいえるほど定番のエンジンレイアウトです。確かにミッドシップの方が重量配分としては理想的な配置と言えるのですが、現実的な諸問題を考慮すると、FRレイアウトのメリットはミッドシップにも遜色がないということなのかもしれません。とにかくその魅力の一つは、スポーティな走りを楽しめるということです。FRの特徴は前輪部分はもっぱら車の舵取りを担当し、後輪はもっぱら駆動を担当するという役割分担が明確になっているということです。特に峠を走り込んでみるとその面白さを体感できるでしょう。スピードを上げながら峠のコーナーを攻める時、クリッピングポイントに向けてハンドルを切り、テールをスライドさせるかさせないかのギリギリのスピードでアクセル・ワークをこなしながら車をコントロールしていくことの面白さはFR車ならではと言えるでしょう。そしてエンジンの力が強大であればあるほど、いわばじゃじゃ馬を乗りこなすことの快感を伴うことになるのです。多くの車好きがFRレイアウトを好むのはそのためなのです。まさに車好きのためのレイアウトと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。