FRの悪い点

FR車はどうしてもプロペラシャフトが余分にあるためにその分だけで確実に重くなり、また価格にも反映します。またプロペラシャフトが室内へ飛び出してしまうので、その分室内が狭くなります。また後輪を駆動するためにアクスルがやはり大きく室内にはみ出し室内が狭くなります。外観的にはあまりはっきりわかりませんが、同じくらいの大きさのFF車と比べると、室内に飛び出している部分が非常に大きく随分室内が狭くなります。またエンジンが縦置きになる関係でフロントノーズが長い車になります。これは室内など有用な空間ではない部分ですので、ここが長い事はデメリットです。またFR車は駆動輪である後輪の加重が少なく、発進時にスリップしやすくなります。発進時以外も後輪が滑り出しやすく、その結果オーバーステアになったりすることがありコントロールを失いやすい場合があります。これは特に雪道や凍結路などで滑りやすく、特に発進時に滑って走り出せないという事があります。特に雪道では操舵輪が駆動輪でない為に、方向性を失いやすく、発進が難しいだけでなく大きく車体が滑り出してしまう事もあります。またチェーンをつけてもハンドルがあまりきかないときもあります。

コメントは受け付けていません。