FR(フロントエンジン・フロントドライブ)が根強く採用されている理由

テクスチャー13現在多くの乗用車はFF車であり、既にFR車は一部の高級車などを除いて非常に少なくなっています。これは軽くコンパクトで効率の良い自動車を作るうえでFF車が有利だからです。プロペラシャフトなどを必要としないFF車は室内の広さに関しては大きく違います。しかしそれでも根強く採用される場合もあるのは何故でしょうか。これはやはりFF車などに比べて前輪を駆動輪として利用していないのでハンドリングが素直で違和感が少ないと言う事に尽きます。高級車なのではこの様な感覚的な要素が非常に大きく、特に高速走行する機会の多いヨーロッパ車では今でも高級車を中心に多く採用されています。高級車は車体も大きくスペース効率の悪さなどもコンパクトカーに比べて大きく問題にならない所為もあり、そういう点よりも感覚的な高級感が重要視されると考えられます。またFF車よりも前輪の位置が前気味になるのも意味があるとされています。長いノーズと前よりの前輪が高級車のデザイン上のバランスとして必要なのだと言う考えがあるためもあります。こういう感覚的なことは、簡単には覆らないので、高級車を中心に今も広く採用されているのだとされています。また整備性が良いので、長く使われる事の多い高級車に有利だと言う面もあります。

コメントは受け付けていません。